闇金の嫌がらせ期間はいつまでなのか?

闇金の嫌がらせの期間はいつまで?自宅や親戚、職場や近所にも

闇金融も期日内にお金が返済できればとくに何も言わないですが、
滞ってしまいますと電話をしたり自宅まで来たりすることもありますし、

 

借りた本人に返済能力がない場合には他の家族や親せきの所にまで
闇金業者が行ったりすることもあります。

 

中には電話や自宅まで来ても無視をしてしまう強者もいますが、
相手も返済する気がないと分かれば強気に催促をしますので、

 

職場に来たり職場の上司へ取り立ての相談しに向かったりなど段階を踏んで、
自分以外の人を巻き込んでしまうこともあります。

 

性質が悪いと出前の電話やいたずら電話など、嫌がらせをされることもあります。

 

段階を踏むことによって闇金業者の嫌がらせ度合いが強くなってきますし、
被害内容によっては無視することもできなくなってしまいますので、

 

いつまで続くのかと思ってしまいますとノイローゼになってしまいます。

 

あまりにも酷かったら写真や録音など証拠を集めて
警察や弁護士へと相談することによって止めるのが可能で、

 

闇金の取り立てに関する嫌がらせが被害として
成立することができれば1日くらいで止めるのも可能です。

 

しかし長期間続いてしまいますと逆に自分自身が追いつめられるので、
弁護士など闇金の専門家に相談して債務返済をしましょう。

 

 

>>闇金相談窓口|司法書士に無料で相談できる法務事務所まとめ TOPへ